注目ワード

和菓子【老松/京ものさんぽショップ】

和菓子【老松/京ものさんぽショップ】

夏柑糖【期間限定販売】

商品コード:oimatsu01

5,238 円(内税)

送料別

夏みかんの酸味と寒天の食感がすっきり爽やか

純粋種の夏みかんの中身を一つ一つ丁寧にくり抜き、しぼった果汁と寒天を合わせ再び皮に注いで冷やし固めた涼菓です。
きりっとした酸味とほろ苦さ、口の中に入れると寒天特有のほろほろとくずれる食感。そして爽やかな香りと後味。
夏みかんだけが持っている甘酸相和をお楽しみください。

※2024年の販売を開始しました。

※こちらの商品は入金確認後、お届けまでに5~6営業日ほどお時間を頂戴しております。
※注文状況などの都合により【配達日をご指定いただいても添えない場合】がございますのでご了承ください。
※火曜・水曜は発送業務を行っておりませんので、水曜日・木曜日着はご指定いただくことができません。予めご了承願います。


■販売期間
4月上旬~6月中旬ごろまでの期間限定販売です。



在庫あり

  • 内容量 / 夏柑糖×3個 原材料:夏みかん果汁、砂糖、寒天
  • 賞味期限 / 4日※冷蔵(10℃以下で保存してください)
  • お届け日 / ※火曜・水曜は発送業務を行っておりませんので、水曜・木曜日のお届け日指定はできません。 ※こちらの商品は入金確認後、お届けまでに5~6営業日ほどお時間を頂戴しております。 何卒ご了承くださいませ。
  • 配送 / ヤマトクール便でお届けいたします。
  • その他 / 4月上旬~6月下旬の期間限定販売です。 ※京ものさんぽの商品は、商品により取り扱い店舗が異なります。店舗から直接発送するため、別商品との同梱が出来ません。また、商品ごとに送料がかかりますのでご了承くださいませ。 ※「老松」の商品を2点以上お求めの場合、送料の変更についてご連絡させていただくことがございます。

夏みかんならではの爽やかな香りと後味が特徴。

有職菓子御調進所老松。

屋号にも用いられている「有職菓子」とは、有職故実にちなんだ儀式典礼に用いられる菓子のことです。 かつて宮中にて、その有職菓子作りに携わる職人を率いていた宮廷祭祀官を先祖に持つのが「老松」です。 一般向けに創業したのが明治41年。 四季を彩る生菓子や、御干菓子、オーダーを受けて作る婚礼菓子や茶席菓子も今に受け継がれております。新しい事にも挑戦し幅広く菓子の世界を追求し続けております。


店舗情報

『老松/京ものさんぽショップ』は、「京ものさんぽ」を企画運営する、
株式会社ITPのスタッフが窓口担当しているトショップです。
下記に記載している住所、TEL・FAX、E-mail、休業日、営業時間は
株式会社ITP「京ものさんぽ事務局」のものになります。

店舗名(よみがな) 老松/京ものさんぽショップ(おいまつ/京ものさんぽしょっぷ)
住所 〒604-0087 京都府 京都市中京区丸太町 小川西入
TEL・FAX TEL:075-211-9151 / FAX:075-211-9133
E-mail select@kyomono-sampo.jp
休業日 土曜日・日曜日・祝日
営業時間 10:00~17:00
アクセス

お買い物ガイド

< ご注文について >

ご注文後、スタッフより内容確認のメールをお送りいたします。
基本的に前払いでご入金をお願いいたします。
ご入金を確認次第、ご注文頂きました商品の販売店舗に発送を依頼します。
※休業日は土曜日、日曜日、祝・祭日となります。
休業日中のご発注、およびご入金の確認は翌営業日となります。ご了承ください。

詳しく見る

< お支払い方法について >

クレジットカード、銀行振込み、郵便振替、セブンイレブン決済が可能です。
商品代引きはご利用いただけませんのでご了承ください。

詳しく見る

< 送料・配送について >

購入商品の販売元によって送料が変わります。
詳しくは各商品の「送料について」をご確認ください。

詳しく見る

< 返品について >

商品の品質、お届け方法には万全を期しておりますが、万一「商品違い」「数量違い」「不良品」などがございましたら、1週間以内に発送元である店舗へご連絡下さい。

詳しく見る

営業日カレンダー

6月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
7月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

休業日